A+ A A-

[JoyRun☆ 996th ]大人の遠足「足袋蔵のまち 行田」発 古代蓮と田んぼアート観賞マラニック開催レポート♪/2018年7月21日byガイドなおき

朝から真夏の日差しが容赦なく照りつけ,熱中症厳重警戒,運動禁止レベルの高温注意報が発令されている中,
暑さ日本一を争う「熊谷市」の隣り行田市でジョイランを開催してきました。

事務局からも,くれぐれも無理のないようにとのお達しを受け,最善の道を模索。

特に今回の目玉,古代蓮と田んぼアートを観賞する「古代蓮の里」は郊外にあり,
途中,日差しを遮るものが全くなく,コース上で一番の熱中症厳重警戒区間でした。

幸運なことに,市内観光ルート循環バスが運行しており,集合場所の行田市駅と古代蓮の里も運行ルートに入っていることを確認。

命には代えられないので今回ばかりはこちらを利用することに。


おかげで午前中の早い時間帯に古代蓮の里に到着!ご存知のように蓮の花は夜中から早朝に開き始め,
時間が遅くなればなるほど閉じていってしまうので,好都合でした。

今年は例年より開花時期が早く,ピークは過ぎていましたが,それでも綺麗な花を咲かせていました。

会場では思わぬ方とも遭遇。
いつも陸王煎餅とこはぜ屋半纏でお世話になっている戸塚煎餅店のご主人と女将さん。


そして田んぼアートを観に地上50mの古代蓮会館展望室へ

2015年には世界最大の田んぼアートとしてギネス世界記録に認定され,
2017年にはTBS日曜劇場「陸王」とのコラボレーションで話題になりました。

11年目の今年のテーマは「大いなる翼とナスカの地上絵」
地上絵のうち,代表的な「ハチドリ」と「コンドル」が広大な田んぼのキャンバスにダイナミックに描かれ,
さらに行田市のシンボルである「古代蓮」を加えたデザインになっています。

古代蓮会館のホールではコンサートも。


古代蓮と田んぼアートを心ゆくまで観賞し,再び循環バスに乗車して,
今度はランステ使用する天然温泉古代蓮物語近くのバス停で下車。

着替えを済ませ11時20分にジョイランスタート!!

先ずは,温泉から約2キロの埼玉古墳群を目指しますが,この区間,日差しを遮るものがなく
今回のランで一番の難所。途中,コンビニ店内で涼みながらスローペースで進みます。

埼玉古墳群に入ると木陰があり,ホット一息つけます。
石田堤跡を見ながら光成が陣を構えた丸墓山古墳へ。

古墳のてっぺんからは遠く忍城が望めます。

一歩日なたに出ると,とにかく沸騰するような暑さ。

古墳から水城公園までの約2.5キロも小まめに給水と小休止を取りながら進みます。
@埼玉スバルさきたまガーデン
@きねや足袋の入口で

水上公園まで辿り着き難所をクリアーすると,そろそろ小腹が空いてきました。
元祖ゼリーフライのお店と言われている「駒形屋」さんへ。

タイミングよく,店内定員8名に全員座ることができました。
焼きそばとゼリーフライをいただきます。

焼きそばは目の前の鉄板で出来立ての熱々を頂けます。もちもちした麺がとても美味しい。
焼きそば小300円。ゼリーフライは70円とコスパも最高です。ご馳走様でした。

この後,定番の忍城址見学,商工センター前で恒例の顔ハメ。

続いて変わり種の惣菜パンなどで人気の翠玉堂さんで,この日は,かき氷を頂きます。

やきモロコシ味など変わり種のかき氷にも興味を惹かれましたが,
白桃,あんず,トマトをそれぞれチョイス。

トマトのかき氷にはオリーブオイルや岩塩,ブラックペッパーなどをかけて色々な味が楽しめます。
古民家を改装したレトロな店内でゆっくりといただき,身体の中からクールダウン。



続いて,きねや足袋社長のお従兄さんが経営されているアトリエ・ワーオハウスさんへ。
こちらは,市内の足袋業者が製造している様々な足袋の販売のほか,買い物のレシートを使ったレシートアート作品を見ることができます。
レシートアート作品の出来映えが本当に素晴らしいです。


こはぜや半纏撮影会@戸塚煎餅店
いつもありがとうございます。


最後は陸王てっぱんの聖地@イサミコーポレーション・スクール工場

そして温泉へ無事到着!
みんな元気です!!

みなさん,たいへんお疲れさまでした。
温泉にゆっくり浸かって最後は駅前でお待ちかねのご褒美ビールを楽しみました!!
また元気にお会いしましょう!!


追記1:ジョイラン翌日の日曜日
テレビ朝日のサンデーステーションで田んぼアートを特集した番組が放映され,内輪で盛り上がりました。

追記2:ジョイラン翌々日の月曜日
熊谷市で「41.1℃」国内最高を更新,気象庁も災害級と認識。気温が高い状況は8月上旬まで続く見込みとのこと。
みなさん熱中症にはくれぐれも気を付けて,暑すぎる夏を楽しみましょう!!

コメントを残す

トップに戻る

MAIL MAGAZINE | 無料メールマガジン

最新情報を読者にいち早くお届け、登録も簡単!
詳しく見る

JSBM
TwitterYoutubeRSS