A+ A A-

[JoyRun☆941st]ランで旅する〈伝説を聴きながらお散歩・心の道&金沢城5km〉開催レポート♪/2018年4月29日byガイド ゆっこ

爽やかなジョイラン日和となった昭和の日。チカちゃん、タッキー、アリちゃん、ケイちゃん、
ゆっこと黒子のカメラマンの6人で、初夏を思わせる日差しを浴びて、色とりどりの花々で飾られた金沢の街を楽しみました。

スタート前に満開のツツジの後ろでジャ〜ンプ!足が見えてないけどみんな飛んでま〜す。

まず最初に訪れたのは、尾山神社。ちょうど天然記念物の菊桜が満開。菊桜は300枚を超える花弁をつけ、
深紅から薄紅、そして白色へと変化し、最後は枝をつけたまま落下するというとても珍しい桜です。
見頃の時期に来られてラッキー!

続いて金沢の東照宮といわれた尾崎神社、頭をなでると願いが叶うという出世地蔵にお参り。
なでなで、なでなで・・・梅の橋までランランラン。優しく吹く風が心地いいなぁ。

さすがGWの東山茶屋街はいつもにもまして人・ひと・ヒト!一応お決まりの場所でハイ、ポーズ

ここからほんの数百メートル離れると、先ほどの喧噪が嘘のような心の道に入ります。
大きなわらじの全性寺、洗い仏の妙国寺、ちょうどこの日人形供養の法要があった真成寺、
赤い鳥居の龍国寺、ここの井戸で手を叩くと白山まで届くと伝えられている西養寺、
金沢四大仏のある蓮昌寺・・・観光客にはほとんど会うことはなく、茶屋街の賑わいが嘘のようです。



アップダウンのコースをかなりがんばったのでこの辺でご褒美休憩。エルパソさんでおいしいケーキ。しあわせ(*^_^*)

さて一息ついて元気も出たところで、後半スタート。酒造りの神様をまつる松尾神社から茶屋街の宇多須神社に戻ってきました。

主計町から暗がり坂を上り久保市乙剣宮へ。がっしりした狛犬の横の藤の花が満開でした。

尾山町の大通りの森忠商店。ここは17年かけて日本中を測量して日本地図を作った伊能忠敬が宿泊した旅館があったところだそうです。
自分の足で日本中を歩いて成し遂げられた偉業に思いをはせてハイ ポーズ!

さていよいよ金沢城に入城!緑の芝に色鮮やかなツツジ、白い鉛瓦に、海鼠壁、
石垣の上に漆喰を塗り土塀に見せかけた隠し石垣。防衛のためだけでなく
美しさも重視した加賀百万石の奥深さが感じられますね。

石垣を借景にした美しい玉泉院丸庭園。発掘調査で遺構が確認された段落ちの滝。
昔の資料を参考にさらに復元工事が行われています。

無事にしいのき迎賓館にもどってきました。
いつもはご近所をちょこちょこと走っているチカちゃん、普段は走っていないけど、
カイチョーのラジオ番組でジョイランを知ったタッキー、寄り道しながらゆるゆるワイワイ7㎞ほど、
ちゃんと走り切れました。

GWなのに静かな心の道、本当の金沢の風を感じられたように思います。
フツーの観光では物足りない方、効率よく旅ランを楽しみたい方、
Let’s ジョイラン(^o^)お待ちしています。

コメントを残す

トップに戻る

MAIL MAGAZINE | 無料メールマガジン

最新情報を読者にいち早くお届け、登録も簡単!
詳しく見る

JSBM
TwitterYoutubeRSS