A+ A A-

[JoyRun☆ 950th]大人の遠足「千駄木」発 Edo_Tokyo幕末維新マラニック(1)開催レポート♪/2018年4月21日byガイドなおき

晴れ男の面目躍如。絶好のジョイラン日和の下,谷中の朝日湯さんからスタート!

今年は明治維新から150年。昨年はというと,明治の文豪,夏目漱石生誕150年でした。
ということで,行ってみました。


@根津神社。朝から多くの人で賑わっています。
乙女稲荷の鳥居のトンネルも大渋滞。
つつじ祭りの苑内も中咲きと遅咲きが見事に咲き誇っていました。


谷中のシンボルツリー樹齢90年のヒマラヤ杉とみかどパン店。
みかどパン店の先代店主が植木鉢で育て始めたものが,辺り一面を覆いつくすまでの大きさに。


古民家を再生して2年ほど前にオープンした複合施設「上野桜木あたり」
この中にカヤバ珈琲の姉妹店で人気のパン屋さん「カヤバベーカリー」が入っています。
みんなでお昼用にパンを購入。
どーして?理由はわかりませんが,5月6日に閉店してしまうのだそうです。(涙)


いよいよ江戸幕府最後の将軍慶喜公の墓所へ。

徳川将軍の墓所と言えば,家康と家光が日光。二人以外の将軍は,
菩提寺である増上寺と寛永寺にそれぞれ6人ずつ。
そして慶喜だけが寛永寺飛び地の谷中霊園に。

大政奉還で徳川幕府を終わらせた人だから?とか思ってしまいますが,違います。宗教が違うからです。

慶喜は尊王の思想が強い水戸藩出身。それゆえ天皇家に忠誠を尽くすため仏教徒から神道に宗旨替えをしました。
天皇のお墓を小ぶりにした亀の甲羅のような形をしています。
近くには,慶喜の十男で,勝海舟の嫡男として婿養子に出した勝精夫婦のお墓もあります。

    
そして寛永寺の根本中堂へ。
根本中堂の鬼瓦の大きさにはびっくり!それだけ徳川家が隆盛を誇っていたという証でしょうね。続いて上野公園へ。


@上野恩師公園。
無血開城後も寛永寺に立てこもり新政府軍と最後まで戦った彰義隊の墓は,
西郷隆盛像の後ろにひっそりと建てられています。
国民栄誉賞の手形ゾーン。小さな大横綱千代の富士。

    
湯島で創業100年。元祖小倉アイスの「みつばち」
小倉は甘すぎず,さっぱりいただけます。僕はみつばちパンダの黒ゴマ味。耳が小倉です。


御徒町と秋葉原の間の高架下にある2k540。
名称は東京駅を起点にすると2k540m付近にあるからだとか。


続いて小伝馬町にある十思公園へ。ここは牢屋敷と処刑場があった場所です。
安政の大獄で処刑された吉田松陰の終焉の地としても知られ,辞世の句が刻まれた石碑もあります。
牢屋敷の模型が見られる展示室や遺構などもあります。


公園のピクニックテーブルでお昼のパンを食べて,浅草方面へ北上。
合羽橋道具街近くの和カフェが併設されている乾物問屋さんで今年初のかき氷。
道具街のお店に,みな興味津々。


吉原遊郭のあった千束を抜けて三ノ輪方面へ。
樋口一葉の名作「たけくらべ」に登場する千束稲荷神社があります。


遊女の投げ込み寺として知られる浄閑寺に立ち寄ってから,


小塚原刑場跡の延命寺首切り地蔵と小塚原回向院へ。
小塚原刑場は,江戸時代に鈴ヶ森刑場,大和田刑場と並んで三大刑場と言われ,
明治初期に廃止されるまで20万人以上の罪人が処刑されたと言われています。                                                                                     


常磐線の線路を挟んだ反対側には小塚原回向院があります。
とにかく見所満載です。

ここには,安政の大獄で処刑された吉田松陰や橋本佐内,頼三樹三郎らの墓所もあります。
彼ら政治犯は,伝馬町牢屋敷で処刑されましたが,罪人として回向院に葬られたそうです。

また,桜田門外の変で井伊直弼の暗殺を首謀した関鉄之助ら元水戸浪士も眠っています。
さらには,二二六事件の首謀者の礒部浅一の墓所もあり,まるで幕末から昭和の事件史が凝縮されたような場所です。

その他にも鼠小僧や腕の喜三郎らのお墓や,何故かプロレスの神様カールゴッチのお墓までありました。
極めつけは,回向院の壁にある解体新書の扉絵の記念碑です。

解体新書を作成する際に参考にしたターヘル・アナトミアの人体解剖図を検証するために,
前野良沢や杉田玄白が小塚原刑場を訪れて刑死者の解剖を行ったそうです。


そして,本日最後の立ち寄りポイント,円通寺へ。
ここには上野戦争で敗れた彰義隊の墓所があります。

彰義隊士は逆賊として,死体が野ざらしにされていましたが,円通寺の住職らが,荼毘にふして円通寺に葬ったそうです。
そして円通寺最大の見どころは,上野戦争の様子を今に伝える寛永寺から移築された黒門です。
黒門に残された無数の弾痕を見れば,その戦いの  激しさが容易に想像できます。


暑さが心配されましたが,幸いにもカラッとして風もあり,参加者のみなさんも最後まで気持ちよく走りきりました。
お風呂に入って谷中銀座に繰り出し,有名な?ベーゴマおじさんと戯れながら青空酒場でアフターの給水を楽しみました。
みなさん,おつかれさまでした。

コメントを残す

トップに戻る

MAIL MAGAZINE | 無料メールマガジン

最新情報を読者にいち早くお届け、登録も簡単!
詳しく見る

JSBM
TwitterYoutubeRSS