A+ A A-

[JoyRun☆850rd]ランで旅する〈伝説を聴きながらお散歩・心の道を楽しむ〉開催レポート♪/2017年9月3日byガイドゆっこ

しいのき迎賓館~金沢城公園~下新町通り~久保市乙剣宮〜暗がり坂〜主計町
〜中の橋~東山 観音通り~天野茶店〜心の道(来教寺~全性寺~妙国寺〜本光寺
〜三宝寺〜真成寺〜龍国寺〜西養寺〜松尾神社〜御嶽神社〜宇多須神社〜菅原神社)
〜東山茶屋街〜梅の橋〜尾崎神社〜尾山神社〜ワタナベヤ〜しいのき迎賓館


朝晩はずいぶん涼しくなり、吹く風もどことなく秋の香りがする9月最初の日曜日。
絶好のジョイラン日和に集まったのは、今年初めて金沢マラソンに挑戦するナリちゃん、
朝から既に20キロ走って来たというパンダの藤さん、走るのは2週間ぶりの横ちゃん、
骨折リハビリガイドのゆっこと何とも不揃いの4人。でもジャンプはバッチリ一発OK。
芝生にアート、芸術の秋も感じられました。



金沢城公園五十件長間をバックに、またまたジャンプ!これも一発OK(笑)
河北門前では、門を額縁にナイスアングルでパチリ

静かな裏通りの下新町通りを抜け、暗がり坂を下り、金沢らしい
格子戸の趣ある主計町の小路をくねくね走ります。

 中の橋を渡り、東山の観音通りへ。屋根に仕掛けられた『忍び返し』、
七稲地蔵、観音院の四万六千日参りのお話をしながら、観光客の間を縫うように走りながら、
加賀棒茶の老舗、天野茶店で一服。美味しいほうじ茶のラテや、お茶のアイスがテイクアウトで味わえます。
写真の青い壷は信楽焼の海鼠釉の珍しい茶壺だそうです


 ここからは、観光客もほとんど立ち寄らない卯辰山寺院群の心の道。
まず、大きなわらじとベンガラの赤門寺として知られる全性寺。
健脚を願って奉納されたわらじを持って『無事金沢マラソン完走できますように•••』


続いて、妙国寺の洗い菩薩で自分の悪いところを磨く!磨く!なりちゃんは腰を、
藤さんはお腹を(凹ましたいらしい)、横ちゃんは足を、磨きまくっていました。治るといいね!


心の道は階段や、坂が多いのですが、なりちゃんも藤さんも、
足取りはまだまだ軽やか•••歴史的価値のある山門の本光寺、
痔に効験のある三宝寺、鬼子母神を祀る真成寺••••••茶屋街の喧噪が嘘のように静かです。

真成寺にはザクロの実がなっていました。ここにザクロが植えられているのには
ちゃんと訳があるんですよ。詳しくはジョイランで!

次はお隣の龍国寺。利家の遺品の出世開運のお守りを封じ込めた三尊稲荷が祀られています。
加賀友禅の宮崎友禅斎のお墓も発見され、友禅関係者が奉納した赤い鳥居が目を引きます。

金沢市街地を一望できる西養寺。ここは『白山詣すごろく』の出発点となっています。
ゴールは白山比咩神社。なんでもこの寺にある井戸は手たたき清水と呼ばれ、
手をたたくと願いが白山まで通じると言われているそうです。素敵な伝説

坂、坂、坂を上ってはおり、また上りを繰り返し、松尾神社、御嶽神社、宇多須神社と巡ってきました。
『アッ!忍者が増えている!!!』

 静かな東山からにぎやかな茶屋街へ、9月になってもここのにぎわいは衰えませんね

梅の橋を渡り、滝の白糸の像で水遊び。尾崎神社、尾山神社へと帰ってきました

最後はワタナベヤさんで美味しい蒸しパン

やはり走るとまだちょっと汗ばみますが、伝説盛りだくさんの心の道のひととき、楽しみました。
フツウのガイドブックには載ってないお話も!是非、ジョイランでご一緒しましょう。

コメントを残す

トップに戻る

MAIL MAGAZINE | 無料メールマガジン

最新情報を読者にいち早くお届け、登録も簡単!
詳しく見る

JSBM
TwitterYoutubeRSS