A+ A A-

裸足教育と裸足ランとは

裸足教育と裸足ランとは

はだし教育の背景

人間の足は、直立二歩行という特異な運動様式を持ち、それに関連して様々な特徴を有しています。その特徴の一つが、足裏に3つのアーチを形作る「土踏まず」であり、その「土踏まず」の存在が、着地の際の衝撃を軽減したり、姿勢を制御したりするなど運動能力に影響を与えていると言われています。

近年、足に合わない靴を履いたり、靴の高機能化による足の過保護が原因となって「土踏まず」が成長しない=「偏平足(へんぺいそく)」が増えているといわれ、土踏まず形成に効果がある足育や裸足教育が見直されてきています。

子供の足を鍛え、土踏まずの成長を促す活動として、校庭の芝生化の動きも合わさって、幼稚園・保育園・小学校などで常に裸足で生活させ、裸足で歩いたり走ったりする運動が全国各地の学校で取り入れられています。

裸足ランニングの今

また、昨今ランニング人口の急激な増加にあわせて、足の障害予防への意識が高いランナーや他競技のアスリートの間では、高性能シューズへの関心はもとより、怪我をしづらいと言われる裸足の走り方や運動への関心が高まりをみせています。そういったランナー達の意識の変化を受けて、各メーカーでは、裸足に近い状態の「裸足シューズ」の商品化[例:NIKEフリー、ビブラムファイブフィンガーズ、ニューバランス・ミニマス等]が進み、裸足シューズや裸足での走りを楽しむ愛好家達やクラブが全国で増えてきています。

協会の取り組み

日本スポーツ&ボディマイスター協会では、裸足教育研究部門を通じて「足裏から日本を元気にしよう」をモットーに、子供からシニア、女性、ウォーカー、ランナー達を対象とした、健康増進やけが予防のための裸足教育、裸足ランニング・クリニック、セミナー等のイベントを全国各地で開催しながら、あわせて「裸足教育」を実践できる認定指導者「裸足教育指導士(含む裸足ランマイスター)」を養成しています。

MAIL MAGAZINE | 無料メールマガジン

最新情報を読者にいち早くお届け、登録も簡単!
詳しく見る

JSBM
TwitterYoutubeRSS